トヨタ ハイエースDX 修理・全塗装事例

 名古屋市在住の「S」様より、色替えによる全塗装の依頼を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。多少の経年劣化はありますが、元色がシルバーのため色褪せなどが派手に目に付く事もなく、長年ご愛用されていたハイエースDXです。今回は、画像2枚目をご覧いただくと分かるように、スライドドアの下側にヘコみ傷が出来てしまった事がきっかけで、修理の依頼として事前に御連絡頂いていた案件でした。当日ユーザー様に御来店頂き、修理方法などについてお話をお伺いした際に、良い機会だからイメージチェンジしたいとの事でしたので、今回は当社でスライドドアのヘコミ傷を修理した後、合わせて色替えによる全塗装をする事となりました!

 まずはさっそく、ドア・バンパー・ボンネット・リアゲートなどの外装部品を脱着し、車両本体を骨組みにしていきます。ここで余談ですが、全塗装における施工方法の一つで、ドア等についている窓ガラスを取り外して塗装するケースがあります。窓ガラスを取り外すメリットとして、取り外さない場合のマスキングによるモール(窓枠のゴム部分)の傷みや、塗装後にマスキングを剥がしたライン(塗膜の境目)から、経年劣化により塗装が剥がれてくるリスクを避けられる事があげられます。対するデメリットは、脱着工賃の分として金額がどうしても上がってしまう点です。今回は、ユーザー様の御予算の都合により、窓ガラスは取り外さずに塗装する事になりました。
 施工ケースは他にも、車両の外板のみの塗装に留めて、ドアを開けたら見えるような内側の面は別に塗らなくてもいいと言うお客様もいらっしゃいます。これは同色による全塗装や、同系色の変化が小さい色替えなら、違和感は少ないかもしれませんね。この塗装方法にもマスキングは付き物になりますので、デメリットも御理解の上で、見積もりの際に御相談いただければと思います。
 
 脱着した部品を塗装ブース内の作業台へセットし、下地処理をしていきます。ヘコミのある部分にパテ(粘土のような形成材)を塗って乾燥させたら、サンドペーパーで地道に研いでいって、表面を元通りに形成していきます。その上からサフェーサーを吹いて表面を滑らかにし、塗料の密着性を高くします。下地作業が終わったらマスキング作業に入ります。マスキングとは、塗装をする際に不必要な箇所へ塗料が付かないように、ビニールやテープを使って保護することを言います。下の画像は、ヘコミ部分をパテで埋めてサフェーサーを吹き、窓ガラス部分にはマスキングを施した状態のリアドアです。準備がおわったので塗装をしていきます!

 まずはソリッドのグリーンを塗り終えました。クリアーを吹き、遠赤外線ヒーターを当てて表面をしっかりと乾燥させます。画像はスライドドアのみですが、ボンネット・フロントドア・リアゲートも同様に塗装をしてあります。

 下の画像は、脱着したラジエーターグリル・ヘッドライト・テールレンズです。今回はツートンカラーに塗っていくので、一つのブース内で何度かに分けて移動させながら、順番に塗装を繰り返していきます。

 2色目は艶消しのブラックを塗りました。また、雰囲気に合わせてヘッドライトとテールレンズもスモークブラックに塗装してあります。くすんだ感じのグリーンに合わせてブラックを締め色に取り入れた事で、全体にも重厚感が出て、シンプルなシルバーよりも遊び心のある印象になりましたね!

 部品の塗装が終わったので、いよいよボディ部分を塗装していくので、車両を本体ごと塗装ブースへ移動させます。再度、小さな傷などが無いか確認していきますが、今回は綺麗な状態でしたので、下地処理は全体をペーパーで研ぐのみとなりました。あとは、部品を脱着した隙間から塗料が入らないようにしっかりマスキングをしていきます。ボディも2色で塗り分けるので、ルーフとサイドステップは一旦覆っておきます。
 塗装の際は、部品よりも広範囲に渡る塗装になるので、液だれや塗装ムラなどに十分注意しながら塗っていきます!

 部品と同様にソリッドのグリーンです!無事に塗り終えたので、一度ブースから出して遠赤外線ヒーターで表面を乾燥させます。

 最後にルーフとサイドステップを塗るので、再度ブース内へ移動させて、先程グリーンに塗った箇所などを汚さないようマスキングしました。ルーフは高さのある箇所なので、踏み台に乗って、なるべく垂直にスプレーを当てるイメージで上から塗料を吹いていきます。

 ルーフも無事に艶消しブラックを塗り終えました!
 乾燥させたらマスキングを取り除き、脱着していた部品を組み付けていきます。マット塗装の部分は表面が傷付きやすくデリケートなので、慎重に取り付けていきます。仕上げに塗装面にブツが乗っていないか点検をし、見つけたら磨きをかけて補修していきます。それに対して、艶消し塗装をした箇所は磨くと艶が無くなってしまうので磨き作業が出来ず、点検のみで仕上げとなってしまうので、ブツや埃が乗ったらやり直し決定という、高い技術が求められる塗装になります。 

 商用車イメージの強いシルバーから、カジュアル仕様にイメージチェンジしたハイエースDXです。鈑金を行ったスライドドアのヘコミも、何事もなかったかのような仕上がりになりました。当日ユーザー様に御来店頂き、ピカピカに生まれ変わったハイエースを目にして、思い描いていたイメージ通りだったと喜んで下さり、無事に御帰宅となりました。このように当社では、確かな技術を持った職人が自信を持って施工させて頂きますので、
・愛用されているお車の色褪せが気になる
・長年乗り潰したのでそろそろイメージチェンジをしたい
・中古で購入されたお車を自分好みの色にカスタマイズしたい
などでお悩みの方や、全塗装を考えられている方は是非、お気軽にティー・アール・シーまで御連絡ください。お待ちいたしております。

工前
施工後

 

お気軽にご相談ください!

お問い合わせは、お電話・メール・LINE・入力フォームより受け付けております。
お気軽にご相談ください。

※電話受付時間
 9:00~18:00(日・祝 除く)
※メールでのお問い合わせは左の画像または
下のボタンより入力フォームへお進みください。