知っているようで知らない自動車保険

事故をするといろんな人がアドバイスをしてくれますよね。
それが本当に正しい知識を持った人からのアドバイスであればいいのですが、多くの場合はそうではありません。
かえって損をしたり、不利になったりしてしまいます。

保険の事故のときこそTRCにご相談ください。
特に過失がある場合や、車両保険に入っていなかったりした場合など、色々とややこしいことが出てきます。

自動車保険を使ういろいろなパターン

交通事故なんてそうそう経験するものでありません。
免責・過失割合・全損価格、鈑金塗装等々お客様にとってはわからないことも多く不安に感じる方もいらっしゃいます。
ここでは保険の仕組みをわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 相手のいない自損事故の修理の場合

一番わかり易いのはよそ見をしていて電柱にぶつかった場合など、車の相手がいない事故の場合に使います。この場合、車両保険を使うと等級が3等級下がり、三年間割増保険料がかかってしまいます。保険を使うか使わないかの分岐点は一般的には20万円ぐらいが多いようです。車両価格や保険料が高い輸入車などの場合はその分岐点はもっと上がる場合もあります。
また、免責金額が設定されていると更に「免責金額」が加算されます。相手のいない小さな事故の場合、保険を使うか使わないかはごご自身の自動車保険の等級や修理方法などによって判断は微妙になってくるのでぜひ一度ご相談ください。

自損事故

  双方に過失がある交通事故での鈑金修理(車両保険あり)

この場合、相手が保険に入っていれば修理費用は相手の保険と自分の車両保険で100%補填されます。
感情的な問題を除けば過失割合にあまりこだわる必要はありません。ただし双方の被害金額が少なく自分の過失が少ない場合には保険を使わない方が得な場合もあります。
保険金の額に関わらず保険を使えば3等級下がり、割増の保険料を3年間払わなければなりません。
過失割合が1(自身)対9(相手)で双方ともに損害額が10万円の場合、相手が9万円、こちらからは1万円の支払いということになりますが、相殺して、相手から8万円が支払われます。
こちらの損害は10万円なので、あと2万円を実費で払えば修理が出来るということです。このような場合には保険を使わない方がお得になってきます。
この辺は素人にはなかなか判断が難しいのでお気軽にご相談ください。

事故のイラスト

  双方に過失がある交通事故での鈑金修理(車両保険無し)

この場合は自分の鈑金修理代の過失割合分を支払わないと修理ができません。なので過失割合は少ない方がお得です。 裏を返すと相手が車両保険に入っていないと過失割合でもめることになる可能性が高まります。 相手の損害が小さく、自分の過失が少なければこの場合も保険を使わない方が得かもしれません。

 相手が100%悪い場合の事故での鈑金修理

信号待ちで止まっている時に追突され、相手が100%悪い場合など自分に過失がまったくない場合です。もちろん相手が保険に加入していることが前提となります。この場合でも金額が少ないと相手が保険を使わないという選択をする場合がありますが、その場合でも最初は保険会社と修理費用を算出してその後に相手が保険を使うかどうかを決める場合がほとんどです。
基本的に代車費用も認められます、レンタカーでも大丈夫ですし、修理工場の代車の場合でもその費用を支払ってもらえます。
ただし相手が100%悪い場合、こちらの保険会社は法律上代理となって交渉することができません。その場合でも 「TRC」でしたら相手の保険会社と交渉し、適正な修理金額を算出してお客様にとって最善の事故処理をいたします。

  自分が100%悪い場合の事故での鈑金修理

この場合は金額の大小にかかわらず、保険を使う方向で話をすすめるのが良いでしょう。最終的に支払いの段階になって、その金額が小さければ保険を使わない選択肢もありです。
ただ、早い段階で保険を使わないように、支払いを抑えようとすると、相手は被害者意識が強いですからもめる原因になります。保険会社に話を進めてもらい、最終的に損害額が確定してから判断をするのが得策です。

追突事故のイラスト

  飛び石、いたずら、台風による被害などでの鈑金修理

走行中の飛来物によって車が損傷した場合等、自分に過失がなく、相手もいない場合もご自身の車両保険を使います。
この場合は一等級下がり事故有の割増料金の対象です。飛び石の事故などは使わなければ損、という認識の方も多いように思います。しかし今は自損事故ほどではないにしても割増保険料となってしまいますから、自動車保険を使わないほうがよい場合もあるのです。
また、飛び石事故については最近の保険会社は、無数に有るキズの中で、どれが今回の飛び石のキズなのか証明できなければ保険金は出さない!あるいは飛び石は生活傷だから保険は出ない、などという場合が多くなってきました。

走行不能なお車も引き取りに伺う事が可能です

事故をした時に自走が出来ない場合でも「TRC」におまかせ下さい。自社所有の積載車でお引き取りに伺います。ラインを登録していただければ位置情報も簡単に送ることが出来ますから知らない土地で、場所の説明に困ることもありません。
もちろんレッカー費用も保険対象ですからご安心下さい。その上自社で管理しているレンタカーも有りますから、すべてのことがワンストップ!面倒なことは一切ありません。

お気軽にご相談ください!

お問い合わせは、お電話・メール・LINE・入力フォームより受け付けております。
お気軽にご相談ください。

※電話受付時間
 9:00~18:00(日・祝 除く)
※メールでのお問い合わせは左の画像または
下のボタンより入力フォームへお進みください。