スズキ キャリイトラック 全塗装事例

 一宮市にお住まいの M 様より、色替えによる全塗装の御依頼を頂きましたので、ご紹介いたします。自家用の貨物車として中古で購入されたそうですが、当初からあった古傷や、経年劣化による汚れの沈着が使っているうちに気になり始め、洗車してもいまいちモチベーションが上がらないことで悩まれていたそうです。古傷を綺麗に直すついでに、何かカスタマイズできる方法はないかとインターネットで近場の塗装屋を検索されたところ、当社の全塗装専門工場ホームページに興味を持って頂いて、今回御連絡下さる事となりました。電話にてユーザー様からお話しを伺った際も、大切に長く乗ろうとされている気持ちがひしひし伝わってきました。当日御来店いただいた際、まずは現車の状態を確認していきます。

 遠目では分からない程度でしたが、木の枝が当たったような小傷がちらほら見当たり、全体的な色褪せや隙間部分の黄ばみが出てきている状態でした。ユーザー様と話し合った結果、今回は内側までまんべんなく塗装していく施工方法になりました!

 まずは主要部品となるフロントドア・ボンネット・バンパー・あおり(荷台の側面部分)などを全て脱着していき、車両本体を骨組み状態にします。塗装をする順番は、細かいパーツが先になりますので、脱着した部品を作業台へセットして下地作業に入っていきます。表面にキズや凹みなどがあると、そこへ塗装をしてもキズの部分がボコボコと浮いて綺麗に仕上がらない為、下地作業は一番重要なカギになります。職人の目で隅々まで点検をし、ヘコミなどを見つけた際は、必要があればパテを塗ってサンドペーパーで研ぐことで面を形成します。また、パテが必要ない程度の小さな擦り傷や、塗装が剥がれている程度の箇所は、原因の層まで塗膜を研磨したあと、サフェーサーを吹いて下地を作ります。下の画像のグレーに見える部分が、パテやサフェーサーで下地処理を施した箇所になります。

 次は、マスキング作業に入ります。”マスキング”とは、塗装をする際に不必要な箇所を汚さないように、テープやビニールシートを用いて保護する作業の事を言います。今回はドアガラスを脱着しているので、フロントドアのマスキングは裏面の内張り部分のみとなりました。
 
 窓ガラスを脱着しない場合は、窓に塗料が付かないようにする為にマスキングする作業が必要になります。これをする事によって、塗装後にテープを剥したラインが塗膜の境目になって、そこから経年劣化で剥がれてくるリスクが出てきてしまいます。反対に、窓ガラスを脱着する工賃が省けることで、金額を安く抑えられるメリットもあります!保険を適用できる修理と違い全塗装は自費ですし、金額面はじっくり考えてから決めたいところですよね。金額を抑えられるケースとして他にも、車の外板のみの塗装に留めて、ドアやボンネット等を開けた時に見える内側は塗装しない方法を希望されるお客様もいらっしゃいます。これは同色による全塗装や、同系色の変化が小さい色替えなら、内側を見た時の違和感は少ないかもしれませんね。お客様の御予算や塗装したい色によってベストな施工は様々なので、納得できる方法を選んで頂く為にも、見積もりの際にはどんな事でも御相談下さい。(^^)

 塗装後のフロントドアです。今回はソリッドのベージュを塗りました。塗装ブースから出して遠赤外線ヒーターで乾燥させていきます。

 マスキング途中の画像がありませんでしたが、車両本体も同様にソリッドのベージュを塗装して乾燥させ、マスキングを剥がしました。荷台の側面部分は、次の段階で別の色を塗ってツートンカラーにする工程となる為、完全には塗らない状態にしています。

 次の塗装の準備をしていきます。下地処理は済んでいるので、タイヤ部分やベージュに塗った箇所を汚さないようビニールで覆い、細かい所はテープでマスキングしました。

 2色目は艶消しのブラックを塗りました。ツートンカラーに締め色を取り入れるスタイルが最近すごく人気ですね!この一部分だけを見ても重厚感が漂っているのが分かります。

 同じ艶消しブラックのカラーを、タイヤのホイール部分にも塗装しました。元のアルミ色だと少し浮いてしまう印象があったので、同色に塗装する事で統一感を出しました。塗装したパーツを全て乾燥させたら、車両本体へ組み付けて仕上げの工程に入っていきます。

 今回は、フロントバンパー・ドアミラー・アウターハンドル・エンブレム等の外装部品も、艶消しブラックに統一して塗装しました。ベージュ色の車両本体に組み付けてみると、ブラックが良いアクセントになって引き締まって見えるのが分かりますね。

 内側部分もまんべんなく塗装したので、ドアを開けた時の内観も、元からこの色だったかのような見た目に仕上がっています。組み付けがおわったら太陽光に当てて、塗装ムラやブツが乗っていないかを最終チェックし、全体に磨きをかけて仕上げます。艶消し塗装を施した箇所は磨くことが出来ないので、乾燥させたら点検のみで仕上げになります。通常と違って塗装時にブツが乗ってしまったらやり直し決定なので、特に慎重に塗装しました。最後に洗車をして完成です!

 塗装前の”くたびれた軽トラ”感が一切無くなり、今風なツートンカラーに生まれ変わったキャリイトラックです。ホイールや荷台の下回りをブラックで締めたことで、側面や後ろから見てもかっこいい仕様になりましたね!納車当日ユーザー様に御来店頂き、ピカピカになったキャリイと対面された時に、目を真ん丸にして喜んで下さった姿が印象的でした。貨物といえど大切なお車ですから、これからも長く乗り続けてほしい想いを込めて励みました。このように当社では、確かな技術を持った職人が自信を持って施工させて頂きますので、
・愛用されているお車の色褪せが気になる
・長年乗り潰したのでそろそろイメージチェンジをしたい
・中古で購入されたお車を自分好みの色にカスタマイズしたい
などでお悩みの方や、全塗装を考えられている方は是非、お気軽にティー・アール・シーまで御連絡ください。お待ちいたしております。(^^)

施工前
施工後

お気軽にご相談ください!

お問い合わせは、お電話・メール・LINE・入力フォームより受け付けております。
お気軽にご相談ください。

※電話受付時間
 9:00~18:00(日・祝 除く)
※メールでのお問い合わせは左の画像または
下のボタンより入力フォームへお進みください。