クライスラー ジープ・チェロキー 全塗装事例

 福井県在住の「K」様より、色替えによる全塗装の依頼を頂きましたので、ご紹介いたします。従来とは異なるイメージで、五代目となり復活したクロスオーバーSUVのチェロキーです。綺麗な純正のワイン色のチェロキーですが、気分転換に色替えを考えられていたそうで、以前にお仕事で愛知県へ来られた際にインターネットで当社のホームページを見つけて頂き、今回ご連絡を受け御来店して頂きました。電話でも概の事は話し合いましたが、当日の来店時に改めて御予算・工程など確認し、作業に入る事となりました。お預かりする期間、代車をご用意させて頂き、完成を楽しみにされて御帰宅されました。

 今回のチェロキーは新しい車歴ですので、各部分の脱着も苦労することなく出来そうですが、年数の古い車になると、ネジ部などが錆により腐食していたり、ネジ山が潰れていたりして、塗装工程に入る前に大変な作業となる事もあります。今回は問題ありませんでしたので工程もスムーズに進みました。外装部品のバンパー・ドア・フェンダー・ボンネット・リアゲートなどを一つ一つ取り外していきますが、鉄板が厚いために重量があるので、作業台に移動する際は2人掛かりで慎重に行います。画像では分かりにくいですが、ボンネットに小さな凹みがありましたので、パテで表面を補修していきます。パテを塗布した箇所は硬化させて、盛り上がったパテをペーパーで研磨する事で平らにしていきます。この工程が仕上がりに影響する、大切な下地作業の一つになります。パテで下地を作れたら、部品を塗装ブース内の作業台へセットしてマスキングの作業に入っていきます。”マスキング”とは、塗装をする際に不必要な箇所へ塗料が付いてしまわないように、ビニールシートやテープで保護する事を言います。これで準備が整ったので、いよいよ塗装していきます!

  外装部品の塗装がおわりました!今回はソリッドのベージュを塗りました。艶出しのクリアー仕様なので、淡い色がとても映えますね。

 部品を塗り終えたら次に、フェンダーやルーフなどの取り外せない部分の塗装に移るので、車両を本体ごと塗装ブース内へ移動させていきます。全塗装は特に、車両部分の範囲が広い為に色ムラや液垂れが生じやすくなりますので、均一な塗膜に仕上がるよう十分気をつけながら塗装をしていきます。塗装後は遠赤外線ヒーターでしっかり乾燥させ、脱着していた部品を車両本体に組み付けていきます。塗装面にブツや埃が乗っていないか点検をしていき、必要があれば磨きをかけて補修していって、仕上げに全体を洗車したら完成です!

 ガラっとカジュアルなイメージに生まれ変わったチェロキーです!元のワインレッドの面影を全く感じない、控えめで落ち着いた雰囲気のあるデザインになりましたね!納車日は生憎の雨天となってしまいましたが、ユーザー様に御来店頂いて現車とご対面された際、「新しく購入した車みたいでワクワクする」と非常に喜んで頂いて福井へと御帰宅されました。このように当社では、確かな技術を持った職人が自信を持って施工させて頂きますので、
・愛用されているお車の色褪せが気になる
・長年乗り潰したのでそろそろイメージチェンジをしたい
・中古で購入されたお車を自分好みの色にカスタマイズしたい
などでお悩みの方や、全塗装を考えられている方は是非、お気軽にティー・アール・シーまで御連絡ください。お待ちいたしております。

施工前
施工後

お気軽にご相談ください!

お問い合わせは、お電話・メール・LINE・入力フォームより受け付けております。
お気軽にご相談ください。

※電話受付時間
 9:00~18:00(日・祝 除く)
※メールでのお問い合わせは左の画像または
下のボタンより入力フォームへお進みください。