ダイハツムーヴラテ リアスポイラー/インパネ塗装事例

小牧市在住の「F」様よりリアスポイラーならびにインストルパネル塗装の依頼がありましたので紹介させて頂きます。リアスポイラーは色褪せによるもので色落ちも大きかったです。室内パネルの塗装は、現在の色から別の色への塗装の依頼でした。スポイラーは、脱着して一本塗りの施工で決まりました。
室内のパネル塗装に関しましては、現在のАピラー内装色に合わせてほしいとの事でしたので調合させて頂き塗装する事となりました。

スポイラー部分のみ色褪せが激しく起きています。素材がボデーとは異なり合成樹脂で作られていますので、太陽光や雨などにより表面の塗装面が剥がれてくると思われます。錆では無いですが被害は広がっていきますので、下処理を施して塗装します。
余談ですが、『スポイラーを直訳すると「損ずる・害する」ものという意味で、空気を堰き止めて力に変える装備』
リアスポイラーは、車体とスポイラーが密着しており車体後部の気流を取り除く目的で作られていて、直線・ブレーキング・コーナリングなど、どんな場面でも走りが安定することです。

本体を外して下処理を行いますが、取付部に異物が混入したり水など入らないようにマスキングしておきます。下処理の状況を画像に残すことは出来ませんでしたので塗装後の画像にて御了承ください。

塗装ブースにて本塗装を終わらせた後、遠赤外線ヒーターを用いて乾燥させてから取り付けです。見事な輝きを取り戻し工場内のライトの光も反射してます。
続いて、車内のインストルパネルの作業に入ります。こちらも脱着しての塗装になりますが、細かい箇所もあり硬化している場合、破損にも繋がりますので慎重に外します。

シルバー部分のパネルを外して塗装します。経年劣化による破損に気をつけて脱着します。

取り外しが終わり剝き出しになったメーターパネルです。フロントガラス辺りに脱着したパネルが見えます。パネルの爪を折らないように外すのに少々ばかり苦労しました。スポイラーの時と同様な作業工程を行います。

目も覚めるような明るいピンクの色のパネルが出来上がりました。フロントAピラー内部の色に合わせて調合して塗装しました。細かい箇所も丁寧に塗装して遠赤外線ヒーターを使用して乾燥させます。

乾いたのを確認して取付工程に入ります。取付時は、塗装部分に傷をつけないように気をつけながら行います。ハンドル周りはスペースが狭いので神経使いながらの作業です。

綺麗に取付完了しました。グレー色だけのパネルに比べると鮮やかで室内が明るくなりました。ピラーとの色合いも良くお客様にも喜んで頂けると思います。内装清掃を済ませて納車となりました。

施工前
施工後

今回の作業代金は、リアスポイラー脱着して塗装¥35,000(税別) インパネ塗装は脱着して塗装¥30,000(税別)で施工させて頂きました。
ティーアールシーでは、車両の塗装以外にも部品塗装も行っておりますので、お気軽に相談下さい。部品の持込による塗装も受け付けておりますので宜しくお願い致します。

お気軽にご相談ください!

お問い合わせは、お電話・メール・LINE・入力フォームより受け付けております。
お気軽にご相談ください。

※電話受付時間
 9:00~18:00(日・祝 除く)
※メールでのお問い合わせは左の画像または
下のボタンより入力フォームへお進みください。