マツダ アテンザ ドア凹み板金塗装修理事例

名古屋市在住の「G」様より、愛車のドアに凹み(エクボ)を発見したので修理して欲しいとの問い合わせがあり 御来店して頂き、修理させて頂く事となりました。大切に乗られていたので傷を見つけたときは大変ショックだったようで、新車のような輝きを取り戻せるショップを検索されていたそうです。当社を選択して頂きましたので、自信を持って何もなかった様な仕上がりを約束します。と伝え、安心されて帰宅されました。

お分かりでしょうか?ドアに凹みがありますよね。マツダのソウルレッドクリスタルメタリックという色で、とても綺麗な赤色ですので、小さな傷や凹みも目立ってしまいますよね。調色も非常に難しい色に値しますが、当社の塗装職人の腕に任せて頂きますと見事な仕上がりで、何もなかった様な新車の輝きを取り戻します。

凹み部分の塗装を剥して素地の部分にします。そこに板金パテ(下地の凹みや傷・穴などを埋めて塗装のしやすい様に使用する材料)を塗布して乾燥後にペーパーをあてて滑らかさを取り戻していきます。ペーパーも番手を大きい物から使用して順次、小さいものに変化させていきます。

板金パテにて形成して滑らかさを整えたら続いて、サーフェーサーを塗布していきます。(サーフェーサーとは、下塗り剤と上塗り剤の中間に塗る塗料です)表面の細かい傷を埋めて滑らかにしたり、上塗り剤をムラ無く仕上げ発色を良くするものですから大切な工程の一つとなります。乾燥後は、ブース内にてビニールや専用マスカ(養生シート)を用いて塗装面以外を養生して塗装に入ります。

ソウルレッドクリスタルメタリックという色は調色が非常に難しい色の一つですが、当社の職人は何も無かったように調合します。クオリティーの高さを感じますので、お客様の信頼度も当然アップしますし、見事な輝きなので完成した姿が楽しみです。

ブース内にて塗装後、乾燥してから外に出して太陽光にあててから埃や塵など細かい傷を再度チェックします。細かい傷などに超微粒コンパウンドなど用いて除去していきます。その際にはポリッシャーを使用して均等に磨きをかけていきます。(ポリッシャーとは、モーターやエアーによって円形のブラシやスポンジを回転させて磨き作業の効率を良くする機械です)

磨きを終えたアテンザですが、輝きや艶など新車のような状態になりました。当社の職人は、最後までしっかりと仕事をさせて頂きますので絶対の自信を持っております。お客様の大切な愛車を任せて頂けたら、必ず選んで良かったと言って頂けると思います。

施工後
施工前

お客様に連絡後、納車させて頂きましたが、残念ながら雨になってしまいました。ソウルレッドクリスタルメタリックという色は、通常の塗装以上に繊細さや慎重さを求められるものなので職人も神経を使って仕上げました。他車で断られた方、何か違いを感じた方など遠慮なく御相談下さい。当社では、どんな難しい色でも傷でも何も無かったような仕上がりを約束致します。部分塗装でも全塗装でも喜んで施工させて頂きますので、ホットラインお待ちいたしております。

お気軽にご相談ください!

お問い合わせは、お電話・メール・LINE・入力フォームより受け付けております。
お気軽にご相談ください。

※電話受付時間
 9:00~18:00(日・祝 除く)
※メールでのお問い合わせは左の画像または
下のボタンより入力フォームへお進みください。